新幹線で行く観光地情報

新函館北斗駅周辺エリア(函館・北斗・大沼周辺)

函館市縄文文化センター(函館市)

北海道唯一の国宝「中空土偶」を常設展示。
縄文人の生活に触れる体験メニューも豊富。

北海道唯一の国宝「中空土偶」をはじめ、函館市内の遺跡から発掘された縄文時代の石器や土器、装飾品など約1200点を常設展示する博物館。茅空(カックウ)の愛称で呼ばれる中空土偶は、頭の飾りと両腕以外はほぼ完全な形で出土したもので、高さ41.5cmと国内最大の中空土偶です。眺めているだけで、縄文人の高い技術と芸術性が伝わってきます。

自然と共生しながら定住し、1万年も続いた希有な文化として世界でも注目されている縄文文化。「北の縄文文化」として世界遺産へ登録しようという動きも盛んです。ものづくりを通して、そんな縄文人たちの生活を体験してみませんか。ミニチュア土器づくりや縄文編みなど、体験メニューは7種類。自分でつくった縄文グッズは、旅のお土産にもぴったりです。

このスポットまでの
行き方を見る 「ジョルダン 乗換案内」に遷移します。

到着地臼尻小学校前で検索してください

2016年春のダイヤ改正に未対応の場合がありますので、
経路検索サイト内でご確認いただきますようお願いします。

住所 函館市臼尻町551-1 TEL 0138-25-2030
開館時間 9:00~17:00
(11~3月は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、毎月最終金曜日、12月29日~1月3日
交通
  1. 新函館北斗駅
  2. はこだてライナー・バス函館駅
  3. 函館バス臼尻小学校前
  4. 徒歩約15分
料金 一般300円、学生・生徒・児童150円(体験メニューは別途) URL http://www.hjcc.jp/
MYプランニング北海道
  • 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう!
PAGETOP