新幹線で行く観光地情報

札幌・小樽・登別周辺エリア(道央エリア)

三笠市立博物館(三笠市)

アンモナイト化石の展示数日本一。
化石に触れられる体験型博物館。

かつて炭鉱で栄え、現在は「化石のまち」として知られる三笠市にあるミュージアム。館内には1千点以上の化石資料が並んでいます。特に、白亜紀のアンモナイトの化石は約600点と、その展示数は日本一を誇ります。ほかにも、巨大な二枚貝イノセラムスや、1976年に市内で発掘された天然記念物・エゾミカサリュウの化石も展示しています。

博物館の特色は、これらの化石を見るだけでなく、一部を除いて実際に手で触ることができること。大小さまざまなアンモナイト化石に触れて、太古の息吹を想像してみましょう。野外で化石を観察する「自然観察講座」などのイベントも開催されているほか、道内初の炭鉱町として栄えた三笠市を中心とした北海道の歴史関連の展示も充実しています。

このスポットまでの
行き方を見る 「Yahoo!路線情報」に遷移します。

到着地三笠市立博物館で検索してください

2016年春のダイヤ改正に未対応の場合がありますので、
経路検索サイト内でご確認いただきますようお願いします。

住所 三笠市幾春別錦町1丁目212-1 TEL 01267-6-7545
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)・祝日(12月~3月)・年末年始(12/30/~1/4)
交通
  1. 新函館北斗駅
  2. JR岩見沢駅
  3. 北海道中央バス幾春別町
  4. 徒歩約5分
料金 高校生以上450円、小・中学生150円 URL http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/museum/
MYプランニング北海道
  • 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう!
PAGETOP