新幹線で行く観光地情報

旭川・稚内・富良野周辺エリア(道北エリア)

旧花田家番屋(小平町)

「一起こし千両万両」といわれたニシン漁全盛期。
その隆盛がしのばれる道内最大の番屋。

明治から大正期にかけて、北海道はニシン漁が盛んでした。日本海側沿岸の各地には、網元たちが住居と漁業基地を兼ねた「ニシン番屋」と呼ばれる豪奢な屋敷を建て、その一部を季節労働者であるヤン衆の寝食の場として提供していました。花田家は最盛期、500人を雇い入れ、100棟近くの蔵を持ち、18統の定置網を経営する道内屈指の大鰊漁業家でした。

旧花田家番屋は明治38年頃に建築され、道内で現存する番屋では最大規模。国指定重要文化財、また、「留萌のニシン街道」として北海道遺産にも認定されています。ヤン衆が過ごした広々とした土間や堂々とした柱、贅が尽くされた花田家の帳場や客間の細工は必見です。併設されている「道の駅 おびら鰊番屋」にある食事処では、各種にしん料理をご賞味ください。

このスポットまでの
行き方を見る 「Yahoo!路線情報」に遷移します。

到着地旧花田家番屋で検索してください

2016年春のダイヤ改正に未対応の場合がありますので、
経路検索サイト内でご確認いただきますようお願いします。

住所 留萌郡小平町字鬼鹿広富35-2 TEL 0164-57-1411(旧花田家番屋管理事務所)
開館時間
5〜10月
9:30〜17:00
11〜4月
10:00〜16:00
休館日 月曜日、12月28日〜1月15日(6月第3月曜〜8月第2月曜は無休)
交通
  1. 新函館北斗駅
  2. JR深川駅
  3. JR留萌駅
  4. 沿岸バス花田番屋前下車すぐ
料金 大人400円、小・中学生150円、20名以上の団体 300円 URL http://www.town.obira.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000248.html
MYプランニング北海道
  • 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう!
PAGETOP