新幹線で行く観光地情報

帯広・知床・釧路周辺エリア(道東エリア)

カムイワッカ湯の滝(知床国立公園)(斜里町)

知床を代表する秘湯として人気を集める、
アイヌが「神の水」と呼んだ天然の温泉。

世界自然遺産・知床の奥地に流れる「カムイワッカ川」にかかる「カムイワッカ湯の滝」。活火山である知床硫黄山の中腹から涌き出る温泉が流れ込み、滝自体が温泉になっています。「カムイワッカ」とはアイヌ語で「神の水」という意味。硫黄が多く含まれるこの川には生物が生息できないことから、畏れをこめてそう呼ばれたようです。

知床を代表する秘湯として人気を集めている「カムイワッカ湯の滝」ですが、現在入浴することができる「一の滝」の湯温は30℃程度です。強酸性の泉質のため、皮膚の弱い方は少し注意が必要です。非常に足元がすべりやすいので、訪れる際にはかかとが固定できるサンダルや沢登り用のシューズをおすすめします。

住所 斜里町遠音別村岩尾別 TEL 0152-22-2125(知床斜里町観光協会)
開館時間 該当無し 休館日 該当無し
交通
  1. 新函館北斗駅
  2. バス函館空港
  3. 空路で新千歳空港
  4. 空路で女満別空港
  5. 斜里バス(網走バス)ウトロ温泉バスターミナル
  6. 斜里バスカムイワッカ湯の滝
  7. 徒歩約10分

●夏期及びシルバーウィーク時期(変動有り)にシャトルバス運行。

料金 該当無し URL http://www.shiretoko.asia/kamuiwakka.html
MYプランニング北海道
  • 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう!
PAGETOP